FC2ブログ、ピアノ部門・アクセスランキング上位!

ピアニスティックノート

17歳で頸椎ヘルニアになった私が風変わりな学校に入った理由~アレクサンダーという翼~《実習レッスン受講生最終募集開始》 ()
「思うだけなんです。」体験レッスンのさなか、紀美子先生は言った。「?」私の頭はハテナでいっぱいだった。アレクサンダーテクニークの学校を初めて訪れた私は、イントロと呼ばれる体験レッスンを受けていた。歩いたり、椅子に座って床の上のものに手をのばしたりするような、ごく普通の動作をする。しかし、先生が私の後頭部の下あたりに手を添えてくれると、不思議なほど体が楽に動くのだ。なんなんだ、これは?ピアノで、四半
>> 続きを読む

練習法の科学 その2 Aエリクソン教授著:超一流になるのは才能か努力か? ()
先月、スキルの上達に効果的な練習法について、記事を書きました。出来る範囲だけではだめ?エリクソン教授に学ぶ練習法の極意今日は続きの後半の5つについてです。原則6-106:これ以上集中できないと思った時点で練習や勉強はうちきるいい集中ができていると、フロー、ゾーンといったものを経験します。(私の意見を加えると、アレクサンダーテクニークを使っていると心身が最も学習しやすいモードになるのですが)。もし、なにか
>> 続きを読む

体重計のゼロを合わせる?・・・今日のピアノと自分を調整する対話 ()
これはショパン、黒鍵のエチュードの冒頭です。しょっぱなから、早い6連符が続きます。たとえばこれを、初めて弾く会場のピアノで、リハーサルなどなしで演奏するとしましょう。できればそんなことはしたくないのですが、発表会やコンテストで、そういう場面がありうるんですね。昨日まで、いえ今朝まで、家でみっちり練習していました。よし、完ぺき。これならいける。とあなたが思っているその”感覚”で弾き始めたら?同じことは
>> 続きを読む

実習の募集とアレクサンダーテクニーク個人レッスンコース(5回、8回)のご案内 ()
こんにちは。アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)北川香里です。4月にオーストラリアのグレッグ先生、5月に英国のピーター先生のレッスンを受けたところです。特にGWはボディチャンス・アレクサンダーテクニークの合宿に参加し、二人の先生から集中的に学んできました。教師(仮免許)として、おかげさまで順調に実習レッスンをさせていただいています。6月よりすでに決まっている方と3人目の実習レッスンが始まります。7月上
>> 続きを読む

ツイッターフォロワー2600 講師のつぶやきと更新情報